AGAになりやすい人がいる?

AGAとは男性型脱毛症のことで、成人男性によく見られる症状です。今は大丈夫でもいずれ、あなたにも降りかかるかもしれないAGAについて紹介していきます。ところで、AGAになりやすい人がいるってご存知でしたか?

AGAになっているかも?と頭髪を気にしている男性

AGAになりやすい人がいるって本当?

AGAになりやすいかもしれないと悩んでいる初老の男性

大きな対象者は遺伝になります。親が薄毛であれば子もその確率が高くなります。
また隔世遺伝として現れることもあります。
おじいちゃんが薄毛で孫がその対象になることもありますので、親が薄毛ではないからといって安心すると、突然来ることもありますので油断は禁物です。
また生活習慣が悪いとAGAになる可能性が高まります。
男性ホルモンは男性だけではなく、女性にも微量に分泌されており、そうみれば誰でもAGA型の薄毛になる可能性があります。
薄毛を促進させる男性ホルモンは酵素と結びつかないと産生されません。
その酵素は体質が生活習慣が悪化することで増えることもあり、そうなると薄毛になる可能性もあります。
誰でもその対象者になりうることを理解することが大切です。
AGAの症状を感じたときに一番何が大切なのかというと、親や生活環境が悪いことを恨んだりすることではなく、早めに対策を練ることです。
対策が早ければそれだけ改善する可能性も高くなり、抜け毛を食い止めやすくなります。
一般的に言われているのは、発毛が必要なレベルである頭皮が透けている状態から回復するよりも、抜け毛が多くなっていることを確認したときに治療を開始することで、治療による満足度が変わります。
よって早めに治療を開始することが重要です。
明らかに頭髪の量が少なくなってから発毛剤も用いたAGA治療をするとなると、難易度も高くなります。プロペシアそのジェネリック医薬品であるエフペシア等のAGA治療薬を使う場合も同様です。
毎朝のセットのとき、枕に落ちている本数、シャンプーに紛れている頭髪の量などをよく観察して、自分がAGAの可能性であることを早めに察知するようにしましょう。
それができる人ほど改善する可能性が高くなり、治療もスムーズに運ぶことが多いです。

AGAは早めの対策が肝心?

薄毛が気になって対策をしようか考えている男性

もしも薄毛に見舞われ場合には、早めにその原因を特定し、しかるべき対策を打つことが大切です。
薄毛の原因としては頭皮が不衛生に陥り皮脂やゴミや毛穴詰まりを起こしたり、あるいは頭皮の血行が悪化して栄養分の吸収が困難になるなどが知られますが、最近特に注目を集めているものとしてAGAという病気があります。
もしもAGAを発病したなら、頭皮ケアや血行促進をおこなっても薄毛を改善することはできません。
早めにクリニックを受診して治療薬を服用することが大切となります。
このAGAのメカニズムとしては男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が互いに反応しDHTという物質を作り出すことから派生します。
AGAに見舞われると頭髪の毛乳頭が持つ感知機能が敏感になり、このDHTを察知するとすぐに栄養分の補給を鈍らせ、毛母細胞の細胞分裂をストップさせ、頭髪の成長サイクルを大きく乱します。
こうして頭髪の抜け毛が起こり、さらに新たな毛が生えにくい状態となってしまうのです。
AGA治療では飲み薬や塗り薬によってこうした発症のメカニズムを改善し、成長サイクルを正常化へと導きます。
この症状を発症してまだ間もないタイミングであれば飲み薬や塗り薬がすぐに浸透して、より良い効果を生むことが可能です。
もしもAGAの可能性に気づきながらもそのまま放置してしまったならば、頭髪は完全に成長サイクルを乱してしまい、それが常態化してしまい、後日に薬を使い始めてもその効果が出るまでに長い月日がかかる場合もあります。
また、AGAが進行すると頭髪の根元にある毛包という部分が徐々に縮小していき、機能的にも衰えが見え始めます。
最終的にこの毛包が消滅してしまうとここから再び毛が生え始める可能性がついえてしまい、AGAの治療薬を使っても改善することが困難になります。
こうした理由ゆえに早期に対策を打つことが大切なのです。

AGAによく効く薬はあるの?

AGA治療薬の画像

AGAというのは男性型脱毛症のことで、男性によくみられる特徴的な薄毛の症状です。
男性の場合は成人になったばかりといった若い年齢であってもAGAになることがあります。
これは頭頂部の髪の毛が徐々に抜けて薄くなってきたり、前髪の生え際の髪の毛が徐々に抜けて薄くなってくるといった症状です。
AGAは一気に抜けてしまうということはあまりなく、時間をかけて抜けてしまうといった感じなのですが、気づいた時にはかなり進行してしまっていることが多いのです。
AGAの原因としては男性ホルモンや生活環境の変化が原因とも言われています。
これらを起因にしてヘアサイクルが乱れてしまうために髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。
ヘアサイクルというのは通常であれば4年から6年といった感覚で髪の毛は成長をして抜けていくというサイクルを繰り返しているのです。
成長している期間が長ければ長いほど太く強い髪の毛が育ちます。
しかしその期間が短くなってくると細く弱い髪の毛となり早く抜けてしまうことになります。
AGAを治療するためにはこのヘアサイクルを正常に戻してあげなければなりません。
男性ホルモンや生活環境の変化によって毛根への血行不良や頭皮の汚れが発生することになります。
AGAはこれらを改善することが必要となり、ヘアケアを行うための薬も出ています。
その症状にあった薬をつかうことで効果があります。
AGAはヘアサイクルを考えてもわかるように髪の毛が生えてくるにはとても時間がかかるということなのです。
そのため薬をつかってもすぐに効果が出るということではなく、時間がかかるということを十分に認識して使用し続けることが大切なのです。
使い続けることで必ず変化が出てきます。